関数のリストへの適用

多くの計算は,関数をリストの多くの要素に並列に適用できると便利である.Mathematica はこれを行うためのエレガントな関数型プログラミングコンストラクト一式を提供する.Mathematica では,数学関数は自動的に「リスト可能」であるとされ,いつでもリストの各要素に適用される.

参照項目参照項目

Map (/@) — 指定のレベルで関数をリストにマップする

Apply (@@@@@) — 指定のレベルで関数をリストに適用する

MapIndexed 指標情報を含む関数をマップする

MapAt 特定の位置で関数をマップする

Scan 関数を適用しながらリストの各要素を走査する

FoldList リストから要素を「混ぜ入れ」ながら,関数を連続的に適用する

ComposeList ▪ Outer ▪ Inner ▪ Accumulate ▪ Differences ▪ Ratios

MapThread 複数のリストの対応するリストに関数をマップする

Thread 引数に現れるリストに関数を「縫い込む」

Listable リストに自動的に縫い込む任意の関数の属性

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »