矢印と矢印形式

Mathematica はグラフィックスとしての矢印をサポートするだけでなく,必要に応じて自動的に伸長する便利な矢印の文字をサポートしている.それぞれの文字は,文字に応じて名づけられた正式な演算子を表すMathematica シンタックスの要素として使うこともできる.そのため,矢印ベースの構造は簡単に記号的に構築できる.

参照項目参照項目

単線の矢印

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[RightArrow] ▪ \[LongRightArrow] ▪ \[LeftRightArrow] ▪ \[UpperLeftArrow] ▪ ...

複線の矢印

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[DoubleRightArrow] ▪ \[DoubleLongRightArrow] ▪

ベクトル形式

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[RightVector] ▪ \[RightDownVector] ▪

双方向の矢印形式

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[LeftArrowRightArrow] ▪ \[ReverseEquilibrium] ▪

棒付き形式

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[RightArrowBar] ▪ \[DownRightVectorBar] ▪ \[RightUpVectorBar] ▪

T字型形式

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

\[RightTeeArrow] ▪ \[RightTee] ▪ \[DoubleRightTee] ▪

RightArrow... \[RightArrow]等使って表示・入力される演算子

Arrow 任意のグラフィカルな矢印を指定するグラフィックスプリミティブ

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »