割当て

Mathematica の記号アーキテクチャは,Mathematica パターンで定義された式の任意のクラスの変換を指定することができる,高度に一般化された割当て記述をサポートする.簡単な例としては,「変数」「指標付き変数」,「構造要素」の割当てが該当する.その他は関数や一般変換を指定するものである.

参照項目参照項目

x=v 値を割り当てる(Set)

{x,y}={u,v} 複数の値を割り当てる

{x,y}={y,x} 値を交換する

a[[i]]=v リスト,配列,または式の要素に値を割り当てる

x++ (Increment) ▪ ++x (PreIncrement) ▪ x+=y (AddTo)

x-- (Decrement) ▪ --x (PreDecrement) ▪ x-=y (SubtractFrom)

x*=y (TimesBy) ▪ x/=y (DivideBy)

AppendToPrependTo リストに要素を加える

関数の定義

f[x_]:=body 関数を定義する

割当て形式

lhs=rhs 割当て時にrhs を評価する即時割り当て

lhs:=rhs rhs が使われる度に再評価される遅延割当て

f/:lhs=rhs, f/:lhs:=rhs 割当てを頭部f に関連付ける

lhs^=rhs, lhs^:=rhs lhs の最初の頭部に関連付けられた「上向きの値」を定義する

割当てのクリア

x=. x の値を解除する(Unset)

Clear シンボルに割り当てられたすべての値をクリアする

ClearAll ▪ Remove

割当てについての情報

?x (Information) — x のすべての割当てについての情報を取得する

DownValues ▪ UpValues ▪ Save

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »