音声形式

Mathematica は標準のラスタ音声形式とコーデックをすべてサポートしており,符号化と圧縮の詳細を制御するためのオプションも使える.また,Mathematica ではMIDIと音符ベースの統合された記号音声表現との間の変換も可能である.

参照項目参照項目

サンプル化された音声

"AIFF" AIFF Macintoshサウンド形式(.aif, .aiff)

"AU" -Law符号Unix音声形式(.au)

"FLAC" FLAC可逆音声コーデック(.flac)

"SND" SNDファイル形式,AUに等しい(.snd)

"WAV" Microsoft WAV形式(.wav)

"Wave64" Sony Wave64形式(.w64)

音符ベース音声

"MIDI" MIDI 形式(.mid)

共通データ要素

"Sound" — サウンドとして再生するサウンドオブジェクト

"Data" — 標本化された振幅値の配列

"Rules" — 要素の規則

"Elements" — 使用できる全要素のリスト

オプション

SampleRate  ▪  "AudioEncoding"

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »