自動テキストスタイリング機能

Mathematica は入力の記号構成の知識を使って,語義によるシンタックスカラーやその他の形式のスタイルを表示する.この動作の詳細は,オプションを使ってプログラムからでも環境設定ダイアログからでも制御できる.

参照項目参照項目

環境設定 ► 外観 シンタックスカラーリングの詳細を設定する

ShowAutoStyles シンタックスカラーリングやその他の自動スタイリングを表示するかどうか

環境設定 ► 評価 数のフォーマット(桁のブロック,デフォルトの精度等)

AutoMultiplicationSymbol 数の乗算にを表示するかどうか

ShowStringCharacters 文字列をクォートで囲むかどうか

ShowSpecialCharacters \[...]という列を特殊文字に変換するかどうか

InputAliases 任意のEscエイリアスの定義

InputAutoReplacements 自動で行う文字列置換

AutoItalicWords 自動で斜体にする単語

SingleLetterItalics 単一文字の数学変数を斜体にするかどうか

AutoIndent 新規行が入力された後にインデントを加えるかどうか

TabSpacings ▪ TabFilling

DelimiterFlashTime 合致する区切り文字をどれだけ点滅させるか

ShowCursorTracker カーソルがジャンプした際の場所をリアルタイムで表示するかどうか

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »