基本的な画像の操作

Mathematica の記号アーキテクチャにより,画像を他のあらゆる形の式と同じように扱うことが可能となる—関数を適用したり,ノートブックに表示したり入力したり,プログラムに直接組み込んだりすることができる.Mathematica は画像の基本操作のための分かりやすい関数コレクションを提供している.これらの関数はより高度な処理と,その全体的な言語とインタラクティブ機能に完全に統合されている.

参照項目参照項目

構造操作

ImageCrop 指定のサイズで切り取る,または境界を削除する

ImageTrim 指定の画素を含むように境界を取り除く

ImagePad 種々の可能な方法で画像を充填する

ImageTake 画像の画素の行と列を取り出す

BorderDimensions さまざまな方法を使って画像の境界を求める

幾何演算 »

ImageResizeThumbnail ラスタを再サンプリングして画像の大きさを変える

ImageRotate ▪ ImageReflect

基本的な画像処理

ImageAdjust レベル,明るさ,コントラスト,ガンマ等を補正する

ImageClipThreshold 画素値を切り取ったり,閾値化したりする

ImageEffect 画像と写真の特殊エフェクト

Sharpen ▪ Blur ▪ Lighter ▪ Darker

ImagePartition ▪ ImageAssemble

アルファチャンネル処理

AlphaChannel 画像のアルファチャンネル

SetAlphaChannel ▪ RemoveAlphaChannel

ImageCompose アルファ合成

画素の操作

ImageValuePixelValue 指定の位置の画素の値を取得する

ReplaceImageValueReplacePixelValue 指定の位置の画素の値を設定する

ImageValuePositionsPixelValuePositions 指定の値の画素の位置を取得する

ImageApply 各画素値に任意の関数を適用する

ImageScan 画像の全画素を走査しながら関数を適用する

画像算術

ImageAdd ▪ ImageSubtract ▪ ImageDifference ▪ ImageMultiply

配列レベルの操作 »

ImageData 画像の生のデータ配列を抽出する

Take ▪ Drop ▪ Transpose ▪ Clip ▪ Chop ▪ Threshold ▪ ArrayFlatten ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »