C/C++言語インターフェース

Mathematica は,CおよびC++プログラムへのいくつかのレベルでのインターフェースをサポートしており,C関数からMathematica 関数に直接接続する「インストール可能な」Cプログラムが作成できる.MathLink を介してCからMathematica を呼び出し,その機能をすべて使うこともできる.また,Cプログラムフラグメントを作り,Cのソースコードを編集することもできる.

参照項目参照項目

Mathematica からCプログラムを呼び出す »

Install インストール可能なMathLink プログラムをロードする

.tm Cの関数とMathematica の関数を接続するためのテンプレートファイル

mccmprep MathLink プログラムを構築するためのスクリプト

MLEvaluate() Mathematica にコールバックする

CプログラムからMathematica を呼び出す »

MLPutInteger32() ▪ MLGetInteger32() ▪ MLPutString() ▪ MLPutFunction() ▪ ...

MLOpenString() ▪ MLNextPacket() ▪ MLReady() ▪ ...

Wolfram LibraryLink »

LibraryFunctionLoad ダイナミックライブラリから関数を Mathematica にロードする

LibraryFunction ダイナミックライブラリから呼び出された関数

LibraryFunctionInformation ▪ LibraryFunctionUnload ▪ LibraryLoad ▪ LibraryUnload ▪ FindLibrary ▪ $LibraryPath ▪ ...

Mathematica からCコンパイラを呼び出す »

CreateExecutable Cコードから実行ファイルを作成する

CreateLibrary Cコードからライブラリを作成する

Cコードの生成 »

Export Mathematica のコンパイル済み関数をCコードにエキスポートする

CCodeGenerate Mathematica の金春済み関数をCコードにエキスポートする

CCodeStringGenerate ▪ SymbolicCGenerate ▪ LibraryGenerate

CForm 式をC言語形式に変換する

Splice Mathematica 出力をCソースファイルに繋ぎ合せる

Cコードの記号表現 »

CFunction C関数の記号表現

CCall C関数呼出しの記号表現

CAddress ▪ CAssign ▪ CBlock ▪ CDeclare ▪ CIf ▪ CPointerType ▪ CStruct

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »