微積分

他の分野もさることながら,微積分では特にMathematica は何世紀にも及ぶ数学的な発展を,非常に強力な少数の関数に封じ込めている.Mathematica のアルゴリズムはWolfram Researchで見出された新しいメソッドで継続的に強化され,現在ではおそらく閉形式が存在するほぼすべての積分と微分方程式に及ぶだろう.

参照項目参照項目

D () — スカラーまたはベクトル関数の偏微分係数

Dt 全微分

Integrate () — 1階もしくは高階の記号微分

ベクトルの微積分 »

Grad ▪ Div ▪ Curl ▪ Laplacian ▪ ...

CoordinateChartData 曲線座標における計算

Series ベキ級数展開と漸近展開 »

Limit 極限値

DSolve 微分方程式の記号解

MinimizeMaximize 記号的最適化

SumProduct 記号的総和・総積

積分変換 »

LaplaceTransform ▪ FourierTransform ▪ Convolve ▪ DiracDelta ▪ ...

NormalizeOrthogonalize 関数の集合を正規化,直交化する

数値微積分 »

NIntegrate ▪ NDSolve ▪ NMinimize ▪ NSum ▪ ...

微分演算子関数 »

Derivative 記号的・数値的導関数

DifferentialRoot 線形差分解の一般化表現

離散微積分 »

DifferenceDelta ▪ GeneratingFunction ▪ RSolve ▪ RecurrenceTable ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »