グラフのラベル,凡例,注釈付け

Mathematica の統合された記号アーキテクチャを利用すると,手作業で,またはプログラムを解してメタデータを数値データと自由に組み合せることができる,非常に強力で分かりやすいラベル付け,凡例付けが可能となる.メタデータは任意のタイプセットの,あるいはグラフィカルまたはインタラクティブなラベルと凡例を,個々のデータ要素,データカテゴリ,データ全体に付けたりすることもできる.

参照項目参照項目

ラベル付け

Labeled 特定のデータ点またはデータ集合にラベルを付けるラッパー

ChartLabels データカテゴリの全体のラベル

LabelingFunction 各要素にラベルを生成する関数

Placed ラベルの配置を指定するラッパー

凡例付け

Legended 特定のデータ点またはデータ全体に凡例を指定するラッパー

ChartLegends データカテゴリの全体の凡例

LegendAppearance ▪ Placed

判例 »

SwatchLegend ▪ LineLegend ▪ PointLegend ▪ BarLegend

注釈 »

Tooltip データ点またはデータ全体にツールチップを付ける

StatusArea ▪ Hyperlink ▪ PopupWindow

Button データ点またはデータ全体に任意の動作を定義する

Style ▪ ChartStyle ▪ ChartElements ▪ ...

全体のラベル付け »

PlotLabel ▪ AxesLabel ▪ FrameLabel ▪ PolarAxes ▪ ...

ラベルの形式 »

Text ▪ Style ▪ Framed ▪ NumberForm ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »