グラフのスタイルと配置

Mathematica では全体的な配置から特定の機能の詳細まで,グラフの外観に関数手作業,またはプログラムによる幅広い制御が可能である.そしてこれは Mathematica のグラフィックスの記号表現,インタラクティブ機能,解析と完全に統合されている.Mathematica はそのユニークな計算美学テクノロジーと受賞暦のあるグラフィックス設計を利用し,かつては手作業による詳細な描画でしかできなかったグラフのスタイル設定が容易にできるようになった.

参照項目参照項目

データのスタイル

Style 個々のデータ要素またはデータ全体のスタイルラッパー

ChartStyle データカテゴリの全体的なスタイル

Red ▪ LightRed ▪ ColorData ▪ ColorFunction ▪

写真・特殊効果

ChartElements グラフの要素を表すのに使用するグラフィックス

ChartElementFunction グラフ要素を生成する一般関数

チャートエレメントスキーム 組込みのグラフ要素外観設定パレット

全体の配置

ChartLayout グラフの全体的な配置(例:"Stacked","Grouped",...)

棒グラフと矩形グラフ

BarOrigin 棒グラフの棒の向き

BarSpacing 棒と棒の間,および棒のグループ間の間隔

Joined 棒を繋げるかどうか

円グラフとセクターチャート

SectorOrigin 1つ目のセクターを置く場所

SectorSpacing セクターとセクターの間,およびセクターのグループ間の間隔

PolarAxes ▪ PolarTicks ▪ PolarGridLines ▪ PolarAxesOrigin

バブルチャート

BubbleSizes 表示するバブルの全体的ない大きさ

BubbleScale データ値に対してバブルの大きさをどのようにスケールするか

ラベル,凡例,注釈付け »

Labeled ▪ Legended ▪ ChartLabels ▪ ChartLegends ▪ Tooltip ▪ ...

全体の外観 »

ImageSize グラフの全体的な大きさ

AspectRatio ▪ Background ▪ BoxRatios ▪ PlotLabel ▪ GridLines ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »