グラフ化と情報の可視化

Mathematica の記号アーキテクチャと動的インターフェースにより,非常に柔軟で便利なグラフ化と情報の可視化が利用できるようになる.計算審美法により可能となった高度な自動化により,Mathematica で即座にデータを取り,定義済みで任意に拡張可能なさまざまな形式での魅力的な動的可視化を生成することが可能となる.

参照項目参照項目

BarChart  ▪ PieChart  ▪ BubbleChart

RectangleChart  ▪ SectorChart  ▪ PairedBarChart

BarChart3D  ▪ PieChart3D  ▪ BubbleChart3D

RectangleChart3D  ▪ SectorChart3D

統計の可視化 »

Histogram ▪ SmoothHistogram ▪ BoxWhiskerChart ▪ QuantilePlot ▪ ...

金融の可視化 »

CandlestickChart ▪ InteractiveTradingChart ▪ RenkoChart ▪ ...

データの可視化 »

ListPlot ▪ ListLinePlot ▪ DateListPlot ▪ ArrayPlot ▪ ListContourPlot ▪ ...

ゲージ »

AngularGauge ▪ HorizontalGauge ▪ VerticalGauge ▪ ...

動的および組合せグラフ化 »

Manipulate ▪ Animate ▪ TabView ▪ Grid ▪ ...

グラフのラベル・凡例付け »

LabeledChartLabels 特定のデータ点あるいはデータに付ける

LegendedChartLegends データのカテゴリの全体的なラベル

Placed ▪ LabelingFunction ▪ LegendAppearance ▪ ...

グラフの配置・スタイルオプション »

StyleChartStyle 個々の要素,カテゴリにスタイルを加える

ChartStyle グラフの全体的なレイアウト(重ねる,グループ化する等)

BarOrigin ▪ SectorOrigin ▪ BarSpacing ▪ SectorSpacing ▪ ...

画像入りグラフと特殊効果 »

チャート 組込みのグラフ要素の外観のパレット

ChartElements ▪ ChartElementFunction ▪ ...

注釈とドリルダウン »

Tooltip ▪ StatusArea ▪ PopupWindow ▪ Button ▪ Hyperlink ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »