化学・生体分子学形式

Mathematica は化学,分子生物学,生物情報学で使用される標準形式をインポートすることも,多くの場合はエキスポートも可能であり,ゲノムサイズのデータだけでなく,分子のタイプ全範囲を日常的に扱う.

参照項目参照項目

化学形式

"XYZ" XYZ分子配列ファイル(.xyz)

"MOL" MDL MOL形式(.mol)

"MOL2" Tripos MOL2形式(.mol2)

"SDF" MDL SDF形式(.sdf)

"SMILES" SMILES化学形式(.smi)

"HIN" HyperChem分子データ形式(.hin)

"JCAMP-DX" 化学分光学形式(.jdx,.dx,.jcm)

生物情報学形式

"GenBank" NCBI GenBank配列形式(.gb,.gbk)

"FASTA" DNA,RNA,アミノ酸配列形式(.fasta,.fa,.fsa,.mpfa)

"FASTQ" 塩基品質付きDNA,RNA配列形式(.fastq,.fq)

"NEXUS" NEXUS系統発生学データ形式(.nex,.ndk)

"AgilentMicroarray" マイクロアレイデータ形式(.txt)

"Affymetrix" マイクロアレイデータ形式(.cel,.cdf,.chp,.gin,.psi)

"SFF" DNA配列フローグラム形式(.sff)

分子生物学形式

"PDB" Protein Data Bank形式(.pdb)

"MMCIF" MMCIF 3D分子モデル形式(.cif)

"FCS" フローサイトメトリーデータ形式(.fcs,.lmd)

共通要素

化学構造図

3D分子グラフィックス

原子の3D座標

塩基対配列またはアミノ酸配列

利用可能な全要素

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »