古典派的分析と設計

Mathematica はその記号-数値ハイブリッド算術機能と高品質の可視化方法を利用して,制御系の古典的分析と設計に必要なツール一式を提供する.組込みの周波数応答解析ツールにはボード(Bode)線図,ナイキスト(Nyquist)線図,ニコルス(Nichols)線図の他,特異値の可視化も含まれている.

参照項目参照項目

RootLocusPlot パラメータを変化させて根軌跡をプロットする

周波数応答

BodePlot 周波数応答の振幅と位相のプロット

NyquistPlot 周波数応答の極プロット

NicholsPlot 周波数応答の振幅対位相のプロット

GainPhaseMargins ゲインおよび位相の余裕を計算する

GainMargins ▪ PhaseMargins

SingularValuePlot 周波数応答の特異値をプロットする

PIDの調整

PIDTune 任意の線形系における自動PID調整

PIDData ▪ PIDFeedforward ▪ PIDDerivativeFilter

オプション

FeedbackType ▪ NicholsGridLines ▪ NyquistGridLines ▪ StabilityMargins ▪ StabilityMarginsStyle ▪ PlotLayout ▪ PoleZeroMarkers ▪ FeedbackSector ▪ FeedbackSectorStyle

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »