色の処理

Mathematica は,任意の数のカラーチャンネルの完全な一般性を含む,画像の色を操作する便利な関数とアルゴリズムを提供する.

参照項目参照項目

ImageAdjust レベル,明度,コントラスト,ガンマ等を補正する

Lighter ▪ Darker

ColorNegate カラー値のネガ

ImageDemosaic 生の画像からカラー画像を再構築する

レベルとヒストグラムの処理

ImageHistogram チャンネルごとのレベルのヒストグラム

ImageLevels 各チャンネルのレベルの集計

DominantColors ドミナントカラーのリストを求める

Binarize ▪ ColorQuantize

Threshold ▪ FindThreshold

HistogramTransformHistogramTransformInterpolation レベルを均等にする

色空間

ColorConvert 色空間の変換

ColorSpace 色空間を指定するオプション

ImageColorSpace 画像の色空間設定を与える

名前付色空間

ColorProfileData 一般的名色空間の表現

チャンネル操作

ColorSeparateColorCombine カラーチャンネルを分割,結合する

ImageChannels 画像中のチャンネル数

AlphaChannel 画像のアルファチャンネル

SetAlphaChannel ▪ RemoveAlphaChannel

画素の操作

ImageValuePositionsPixelValuePositions 指定の色の画素の座標

ImageValuePixelValue 指定の位置の画素の値を取得する

ReplaceImageValueReplacePixelValue 指定の画素の値を置換する

ColorReplace 色置換規則に従って画素の値を変更する

ImageApply 各画素値に任意の関数を適用する

ImageScan 関数を適用しながら画像の画素を走査する

擬似カラー画像 »

Colorize 擬似カラー画像を作成する

ReliefImage シミュレートされたレリーフを使ってデータから画像を作成する

HighlightImage 画像の関心領域をハイライトする

Colors »

RGBColor ▪ GrayLevel ▪ Hue ▪ Red ▪ Blend ▪ ColorSlider ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »