Mathematica では,記号色の新しいレベルのプログラム的なサポートと注意深く選ばれた審美的色パラメータを組み合せることにより,グラフィックスの色と透明性,および表示における他のすべての形式で,非常に柔軟で強力なアプローチが可能となる.

参照項目参照項目

RGBColorHueCMYKColorGrayLevel 色モデル

LighterDarker 色を明るく,または暗くする

Blend 混色

カラースキーム »

ColorData 何百ものカラースキーム(階調度,名前付きコレクション等)

"Gradients"  ▪  "Indexed"  ▪  "Physical"  ▪  "Rainbow"  ▪  "Temperature" ▪ ...

名前付き色

Red ▪ Green ▪ Blue ▪ Black ▪ White ▪ Gray ▪ Cyan ▪ Magenta ▪ Yellow ▪ Brown ▪ Orange ▪ Pink ▪ Purple

LightRed ▪ LightGreen ▪ LightBlue ▪ LightGray ▪ LightCyan ▪ LightMagenta ▪ LightYellow ▪ LightBrown ▪ LightOrange ▪ LightPink ▪ LightPurple

Transparent

Opacity 不透明度(透明は0)

Style 任意のオブジェクトの色の指定

Glow 3Dグラフィックスの光沢色

Specularity 3Dグラフィックス鏡面色

VertexColorsVertexNormals 多角形の色補間のためのデータ

ColorRules 離散データの色を決定するための規則

ColorFunction 座標と値から色を決定するための一般関数

インタラクティブな色コントロール

ColorSetter ▪ ColorSlider

画像の色の処理 »

ImageAdjust ▪ ColorSeparate ▪ ColorNegate ▪ ColorConvert ▪ ...

ImportExport さまざまなカラーマップ,深さ,モデルでのインポート,エキスポート

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »