グラフィックスの結合

Mathematica ではグラフィックスが記号文字で表されるため,表示のためにでもインタラクティブな動作のためにでも,異なるグラフィックス構造を1つに結合するのが簡単で,効率的に種々の制約条件を維持することができる.

参照項目参照項目

Show グラフィックスを重ねて,あるいはオプションを変更して表示する

Inset グラフィックスまたは式を,より大きなグラフィックスの中にはめ込む

GraphicsGroup 複数のグラフィックスがグループとして選択されるようにする

ダブルクリック Insetあるいはグループの中を「掘り下げて」選択する

Directive グラフィックス指示子を結合する

GraphicsComplex 共有座標でグラフィックスオブジェクトの複合体を作成する

JoinedCurveFilledCurve 複数の線分から連結曲線を作成する

Arrow 曲線矢印を作る

EpilogProlog グラフィックスにコンテンツを追加する

表のレイアウト

GraphicsGrid ▪ GraphicsRow ▪ GraphicsColumn

配置

BaselinePosition ▪ AlignmentPoint ▪ Alignment

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »