複素数

Mathematica は明示的な複素数と記号的な複素変数の両方を根本的にサポートしている.適用できるすべての数学関数は全パラメータの複素値の任意精度での評価をサポートしており,複素値は自動的に完全に一般化して記号操作が行われる.

参照項目参照項目

x+Iy 複素数

I () — EsciiEsc「imaginary(虚数)」,またはEscjjEscと力する)

Complex 実数のペアを複素数に変換する

Re 実部

Im 虚部

Abs 絶対値

Arg 偏角(ラジアンでの位相角)

Sign n正規化された方向()

Conjugate 複素共役(上付き文字EsccoEscでも入力できる)

ConjugateTranspose 行列のエルミート(Hermitian)共役(EscctEscでも入力できる)

ComplexExpand 記号式を実部と虚部に展開する

PowerExpand 分岐切断を無視して記号式を展開する

ExpToTrigTrigToExp 指数関数と三角関数の間で変換する

GaussianIntegers 多項式および整数論関数のオプション

Reduce 方程式と不等式を複素数において簡約する

RandomComplex ランダムな複素数

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »