並行性

Mathematica は自動並列化機能だけでなく,並行計算を指定するための完全な組込み記号言語も提供する.

参照項目参照項目

並行評価

ParallelSubmit 並行評価する式を送信する

WaitAll すべての並行評価が終了するのを待つ

WaitNext 並列評価のリストの次のものが終了するのを待つ

EvaluationObject 評価するために送信された式の記号表現

通信と同期 »

SetSharedVariable サブカーネル間で同期させる,値を持つシンボルを指定する

SetSharedFunction 評価を同期させる関数を指定する

UnsetShared 変数または関数の共有を中止する

CriticalSection ロック変数を用いて並行アクセスを同期する

設定情報 »

$KernelCount 実行中のカーネルの数,並列度

$KernelID 各並列カーネルに割り当てられた固有の整数値

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »