インスペクタの作成

Mathematica の統一された記号アーキテクチャと動的なオブジェクトメカニズムにより,非常に柔軟な直接操作インスペクタが可能となる.このインスペクタでは,任意のインターフェースが即座に設定でき,式,グラフィックス,ドキュメントのあらゆるインターフェース値,オプションやその他の属性を見たり変更したりすることができる.

参照項目参照項目

CurrentValue 任意のインターフェース値,オプション等を指定する

Dynamic 動的に更新される再設定可能な値として表示する

コントロール »

InputField ▪ Checkbox ▪ SetterBar ▪ TogglerBar ▪ RadioButtonBar ▪ PopupMenu ▪ Slider ▪ ColorSlider ▪ FileNameSetter ▪ ...

レイアウトと整理

TabView ▪ OpenerView ▪ MenuView ▪ Panel ▪ Grid

注釈とラベル付け

Labeled ▪ Row ▪ Text ▪ Graphics ▪ Tooltip ▪ Speak

CreatePalette インスペクタを別のパレットとして設定する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »