暗号整数論

最新鋭のアルゴリズムの広範囲に渡る基盤,非常に長い整数の効率的な処理,強力な組込み言語により,Mathematica は暗号整数論の研究と実装の両方に,他に類を見ないほど適している.

参照項目参照項目

暗号化と復号化

PowerMod 整数の累乗モジュロを計算する

PowerModList 負および分数の累乗の逆モジュロを計算する

PolynomialMod ▪ BitXor ▪ BitAnd ▪ BitOr ▪ BitSet ▪ BitGet

鍵の生成

RandomPrime 擬似素数

Prime n 番目の素数

PrimeQ 素数であるかどうかの判定

Mod ▪ JacobiSymbol ▪ PrimitiveRoot ▪ CarmichaelLambda ▪ MoebiusMu

暗号解読

FactorInteger 整数の完全なあるいは不完全な因数分解

MultiplicativeOrder 離散対数を計算する

EulerPhi オイラー(Euler) のファイ関数

Reduce 多変数2次多項式を解く

Tally リスト中の要素の頻度を求める

格子関連問題

LatticeReduce 整数格子において簡約された規定ベクトルを求める

LatticeData 名前付き格子の属性

テキストデータ

HashFileHash MD5および他のハッシュコードを計算する

ToCharacterCodeFromCharacterCode 文字列と文字コードの間で変換する

暗号の他の形式

CellularAutomaton 一般ブロックマップを効率的に計算する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »