データの並列性

Mathematica のコアとなる Mathematica 言語の関数型でリスト指向の特性により, Mathematica は即座に組込みのデータ並列化を提供し,計算を利用できるコンピュータとプロセッサコアに自動的に分配する.

参照項目参照項目

Parallelize 自動並列化を用いて計算する

ParallelMap 関数をリストの要素に並列にマップする

ParallelTable 表を並列に生成する

ParallelDo ▪ ParallelSum ▪ ParallelProduct ▪ ParallelArray

ParallelCombine 式を並列に評価し,結果を組み合せる

設定 »

DistributeDefinitions 並列計算に必要とされる定義を分配する

ParallelNeeds 並列サブカーネルにパッケージをロードする

調整

Method 計算をどのように分配するか,...)

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »