日付と時刻

Mathematica にはほぼすべての形式の日付と時間の処理のための高度に柔軟なシステムがあり,形式間の変換を自動的に行い,必要に応じて日付を表す文字列を解釈する.

参照項目参照項目

DateString 多くの可能な形式における現在の,または指定の日付の文字列

 ▪  ▪  ▪  ▪

$DateStringFormat デフォルトの日付文字列形式

$TimeZone 再設定可能な現在の時刻帯

DateList という形式における数値での日付要素

AbsoluteTime 秒での絶対時間

Clock リアルタイムの動的時計変数

日付操作

DateRange 日付のリストを生成する

DatePlus 日付のリストまたは文字列に日,週等を加算する,または減算する

DateDifference 2つの日付間の差を日,週等で求める

LeapYearQ 指定の日付が閏年にあるかどうかを調べる

Monday ▪ Tuesday ▪ Wednesday ▪ Thursday ▪ Friday ▪ Saturday ▪ Sunday

日の操作

DayRange 日のリストを生成する

DayPlus 日を足したり引いたりする

DayRound 最も近い,特定のタイプの日に丸める

DayCount 2つの日の差を計算する

DayMatchQ 日のタイプを決定する

BusinessDayQ 日が営業日であるかどうかを決定する

DayName 曜日を決定する

CalendarData 使用可能な暦を求める

可視化

DateListPlotDateListLogPlot 任意の形式の日付に関連付けられているデータをプロットする

日付のインポート・エキスポート

"Table" ▪ "XLS" ▪ "MDB" ▪ "ApacheLog" ▪ "MBOX" ▪ ...

DatePattern 文字列操作の日付パターン

"XLS" ▪ "ApacheLog" ▪ "MBOX"

CPU所要時間 »

Timing ▪ AbsoluteTiming ▪ TimeConstrained ▪ SessionTime ▪ ...

時間指定付き評価 »

RunScheduledTask ▪ ScheduledTasks ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »