状態空間モデルを使った設計

Mathematica は極配置,または最適技術を使ってフィードバックゲインと推定器ゲインを計算するための強力な関数を提供する.さらに,設計指定または計算済みのゲインに基づいて調整器と推定器を直接構築する関数を備えている.

参照項目参照項目

極配置

StateFeedbackGains 極配置を使って計算したフィードバックゲイン

EstimatorGains 極配置を使って計算した推定器ゲイン

最適制御と推定

LQRegulatorGains 二次費用関数を最小化するフィードバックゲイン

LQOutputRegulatorGains 二次出力費用関数を最小化するフィードバックゲイン

LQEstimatorGains 二次費用関数を最小化する推定器ゲイン

DiscreteLQRegulatorGains エミュレートした離散時間フィードバックゲイン

DiscreteLQEstimatorGains エミュレートした離散時間推定器ゲイン

推定器とコントローラ

KalmanEstimator 指定の共分散行列のカルマン(Kalman)推定器

LQGRegulator 線形二次ガウシアン(LQG)調整器

StateOutputEstimator 指定のゲインの推定器モデル

EstimatorRegulator 指定の推定器ゲインとフィードバックゲインの調整器モデル

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »