離散数学

Mathematica は離散数学において,20年以上に渡って重要な発見を行うのに使われてきた.高度に効率的で,多くの場合独自であるアルゴリズムと,高レベル記号言語の統合により,Mathematica は離散数学の探究,開発,応用のためのユニークな環境となった.

参照項目参照項目

リストと集合の操作

Tuples ▪ Subsets ▪ Union ▪ Intersection ▪ Complement

置換 »

Permutations ▪ Sort ▪ Ordering ▪ Signature ▪ RandomSample ▪ ...

群論 »

PermutationGroup ▪ GroupOrder ▪ GroupElements ▪ GroupElementQ ▪ ...

列挙関連関数 »

Factorial ▪ Binomial ▪ Fibonacci ▪ StirlingS1 ▪ PartitionsP ▪ IntegerPartitions ▪ FiniteGroupCount ▪ ...

離散微積分 »

RSolve 再帰方程式を解く

Sum ▪ GeneratingFunction ▪ ZTransform ▪ DifferenceDelta ▪ ContinuedFractionK ▪ ...

整数列 »

FindSequenceFunction 整数列の関数を求める

RecurrenceTable ▪ LinearRecurrence ▪ ...

文字列と数字

StringReplaceList ▪ IntegerDigits ▪ BitXor ▪ BitAnd

ReplaceList パターンに合致する形式のリストを生成する

グラフと木

GraphPlotGraphPlot3DLayeredGraphPlot グラフをレイアウト,描画する

TreePlot 木を表示する

GraphData 名前付きおよび列挙グラフのデータベースとそのプロパティ

組合せの最適化

FindMinimumMinimize 整数計画問題を解く

FindShortestTour 巡回セールスマン問題を解く

ブール計算 »

And ▪ Or ▪ SatisfiableQ ▪ BooleanFunction ▪ BooleanMinimize ▪ ...

代数系 »

FiniteGroupData ▪ LatticeData ▪ KnotData

計算システム »

CellularAutomaton ▪ TuringMachine

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »