ドキュメントの生成

Mathematica の記号的ドキュメントパラダイムにより,グラフィックス要素や動的インタラクティブ機能を含む複雑な構造を持つドキュメントが非常に簡単にプログラム的に作成できる.

参照項目参照項目

CreateDocument 式のリストから完全にフォーマットされたドキュメントを作成する

DocumentNotebook ドキュメントノートブックの記号表現

TextCellExpressionCell 任意のスタイルのセルの記号表現

NotebookEvaluate ノートブックの内容を評価する

ドキュメント構造

CellGroup 閉じているセルを含むセルグループの記号表現

Grid スパン,枠等を伴う式やグラフィックス等の任意の2Dレイアウト

TabView 任意のタブ付きページ

OpenerView ▪ SlideView ▪ FlipView ▪ MenuView

ドキュメントのスタイル »

StyleDefinitions ドキュメント全体のカスケーディングスタイルシート定義

Style ドキュメントの任意の要素にスタイル名またはスタイルオプションを指定する

Text ドキュメントの任意の場所に埋め込むテキスト

Background ▪ CellMargins ▪ Framed ▪ Panel ▪ WindowSize ▪ WindowTitle

アクティブな要素と注釈

Hyperlink 任意のURLまたはドキュメントの任意の部分へのハイパーリンクを作成する

Tooltip ▪ Mouseover ▪ Checkbox ▪ ListAnimate ▪ Manipulate

Defer 評価可能な入力を含むセルを作成する

グラフィックス »

Import グラフィックス等をインポートする

Graphics ▪ Inset ▪ ListPlot ▪ ListLinePlot ▪ ...

配備

Export Webやその他のメディアにHTML,PDF,XML等でエキスポートする

NotebookPrint 式やノートブックをデフォルトのプリンタで印刷する

別名で保存 ▪ 送る ▪ 印刷

Deploy ドキュメントあるいはその一部を編集不可にする

付加的なドキュメント生成

CellPrint 評価が行われる場所にセルを挿入する

Print ▪ NotebookWrite ▪ Paste

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »