動的な可視化

強力な動的動作はMathematica の統合された記号アーキテクチャ上に構築されているので,可視化のあらゆる面に導入するのが簡単である.Mathematica 記号関数1つで完全にインタラクティブなパラメータ探索,アニメーション,動的注釈,ドリルダウン情報ビューアを設定することができる.

参照項目参照項目

Manipulate グラフィックスのパラメータを動的に操作する

Animate 1つまたは複数のパラメータの関数としてアニメーション化する

ListAnimate グラフィックスまたは他のオブジェクトのリストをアニメーション化する

TabView 任意のオブジェクトのリストをタブで選択できるようにする

SlideView 任意のオブジェクトのリストを一連のスライドで見る

FlipView 2つ以上のオブジェクトを交互に表示する

MenuView ▪ OpenerView ▪ PopupView

Tooltip 任意のツールチップを任意のオブジェクトに付加する

Mouseover マウスがオブジェクトの上に来たときに表示するものを指定する

StatusArea 文字列をウィンドウのステータスエリアに表示する

Annotation オブジェクトに一般的な注釈を付加する

PopupWindow 任意のオブジェクトにポップアップウィンドウを付加する

Button ▪ Speak ▪ EmitSound

Locator グラフィックス内で動かすオブジェクト

Slider ▪ Slider2D ▪ ColorSlider ▪ LocatorPane ▪ ClickPane ▪ ControllerState

AngularGauge ▪ VerticalGauge ▪ HorizontalGauge

ControlActive コントロールがアクティブのときの「プレビュー」設定を指定する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »