ノートブックの評価オプション

Mathematica では,ノートブックのセルを評価するためにShift+Enterを押したとき,あるいは式を現在位置で評価するためにCtrl+Shift+Enterを押したときに何が起るかを詳細に設定することができる.

参照項目参照項目

評価制御

Evaluatable セルまたは他の式が評価可能であるかどうか

CellPrologCellEpilog セルの評価前後に評価される式

CellEvaluationFunction 評価が要求されたときに適用する関数

ノートブックレベルでの制御

InitializationCell ノートブックを開いたときに評価されるようにセルに印を付ける

NotebookAutoSave 各評価の後に自動的にノートブックを保存する

ノートブックのフォーマット

OutputSizeLimit 明示的な出力の最大サイズ(デフォルトでは$OutputSizeLimit

CellAutoOverwrite 出力が生成されたら出力セルを上書きする

CellEvaluationDuplicate ▪ CellEditDuplicate

コンテキストの制御

評価 ► ノートブック用デフォルトコンテキスト ノートブック,セル等によってコンテキストを局所化する

CellContext セル内のシンボルにコンテキストを局所化する

リモートカーネル

評価 ► ノートブック用カーネル ノートブックに使用するカーネル

評価 ► カーネル環境設定 リモートカーネルを設定する

Evaluator セルまたは式に使う評価プログラム名

動的評価

評価 ► 動的更新の実行 動的更新を行うかどうか

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »