ファイル操作

豊富な標準ファイル操作に加え,Mathematica の統一された記号アーキテクチャにより,多くのファイルおよびシステムの管理に関するタスクへのアルゴリズム的なアプローチと効率的な高レベルプログラミングの適用が簡単になる.

参照項目参照項目

FileNames ファイルシステムの任意の深さにあるファイルまたはディレクトリの名前をリストする

CopyFile ▪ RenameFile ▪ DeleteFile

ファイルの属性

FileDate ▪ FileByteCount ▪ SetFileDate ▪ FileType ▪ FileHash ▪ FileFormat

ファイルユーティリティ

FindList ファイルのリストから文字列を検索する

Splice Mathematica の結果をファイルに繋ぎ合せる

FilePrint ファイルのそのままの内容を表示する

ディレクトリ操作 »

DirectoryQ 名前が既存のディレクトリに対応するかどうかを判定する

CreateDirectory ▪ CopyDirectory ▪ DeleteDirectory ▪ SetDirectory ▪ ...

ファイルの検索

FindFile $Path等にあるファイルを検索する

FileNameSetter ファイルをインタラクティブにブラウズする

FileExistsQ ▪ AbsoluteFileName

ファイル名の操作 »

FileNameSplitFileNameJoin ファイル名の文字列を分割,結合する

FileBaseName ▪ DirectoryName ▪ ExpandFileName ▪ ...

ファイルの読込みとファイルへの書込み »

Import ▪ Export ▪ Get(<<) ▪ Put(>>) ▪ ReadList ▪ BinaryReadList ▪ ...

低レベルファイル操作 »

OpenRead ▪ OpenWrite ▪ Streams ▪ Read ▪ Skip ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »