ファイル

Mathematica は任意のレベルにおけるファイル関連構造を操作するための便利で効率的なシステム非依存関数を提供する.

参照項目参照項目

通常の名前付きファイル

パイプ

等 — WebタイプのURL

完全なファイル

ImportExport 多くの形式でインポート・エキスポートする

ReadList ファイルから構造化していないデータを読む

FilePrint ファイルの内容を表示する

ファイルの検索

FindList ファイルのリストから文字列を検索する

FileNames ファイルを名前で検索する

低レベルファイル操作 »

OpenReadOpenWrite ファイルを開く

ReadWriteWriteString 個々のデータ要素を読み書きする

Find ▪ Skip ▪ SetStreamPosition ▪ ...

Mathematica 式のファイル »

Get (<<) — ファイル(.mファイル)からMathematica 式を取得する

Put (>>),PutAppend (>>>) — Mathematica 式をファイル(.mファイル)に置く

Save ▪ Splice ▪ DumpSave ▪ Encode

バイナリデータ »

BinaryReadList ▪ BinaryRead ▪ BinaryWrite ▪ ...

ファイルの属性と操作 »

FileDate ▪ FileByteCount ▪ FileNames ▪ FileHash ▪ CopyFile ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »