フロー制御

従来の手続き型プログラミング言語では一般にプログラムの各段階で明示的な「フロー制御」を定義することが必要である.Mathematica はさまざまな記号拡張ができる標準フロー制御プリミティブを提供する.その高レベルプログラミングパラダイムを使うと,通常プログラマーはフロー制御の詳細を指定する必要がなくなる.

参照項目参照項目

Return 任意の関数から戻る

BreakContinue 手続き型のループ構造を終了・続行する

GotoLabel 非常に旧式の明示的な手続き型フロー制御

Throw あらゆる例外を「投げ」て,取り囲むCatchで「キャッチ」する

Check メッセージを確認する

Abort 放棄を生成する

Interrupt ▪ CheckAbort ▪ AbortProtect

TimeConstrainedMemoryConstrained 制約条件付きで実行する

Pause 指定の時間休止する

Dialog サブセッションダイアログを開始する

Input ▪ DialogInput ▪ ChoiceDialog ▪ DialogReturn

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »