関数型プログラミング

関数型プログラミングは長い間重要な理論概念だと見なされてきたが,ついにMathematica 記号言語への導入によって非常に便利で実践的なものとなった.というような式を記号データと関数の適用の両方として扱うことで,構造と関数を統合する非常に強力な方法と,多くの一般的な計算の効率的でエレガントな表現方法を提供する.

参照項目参照項目

Function (&) — 純関数を指定する(例:

### 純関数における変数のスロット

関数のリストへの適用 »

Map (/@) — リストにマップする:

Apply (@@, @@@) — リストに適用する:

MapIndexed 指標情報とともにマップする:

MapThread ▪ MapAt ▪ MapAll ▪ Scan ▪ ...

関数を繰り返し適用する »

NestNestList 関数をネストする:

FoldFoldList 値のリストを折り込む:

FixedPointFixedPointList 固定点まで繰り返しネストする

NestWhile ▪ NestWhileList ▪ TakeWhile ▪ LengthWhile ▪ ...

リスト関連関数

Select 関数に従ってリストから選択する

Array 関数から配列を作成する

SortSplit 関数に従ってソート,分割する

関数構成操作

Identity ▪ Composition ▪ Operate ▪ Through ▪ Distribute

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »