GPU計算


Mathematica では,統合された組込みインターフェースからGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)の膨大な並列処理パワーを利用することができる.GPUテクノロジーを Mathematica に統合することによって,金融シミュレーション,画像処理,モデル化等の多くの分野で高性能ソリューションを開発することが可能となる.GPUプログラムの作成と配備は完全に Mathematica の高レベル開発ツールに統合されており,これによりプロトタイプから大規模ソリューションへの移行を促進する生産性を提供する.

参照項目参照項目

CUDALink を使ったGPU計算 »

CUDAInformation 全CUDAデバイス情報をリストする

CUDAImageConvolve 画像を指定のカーネルでたたみ込む

CUDAFunctionLoad CUDAを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

CUDAErosion ▪ CUDADilation ▪ CUDAFourier ▪ CUDADot ▪ ...

CUDAMemoryLoad ▪ CUDAMemoryAllocate ▪ SymbolicCUDAFunction ▪ ...

OpenCLLink を使ったGPU計算 »

OpenCLInformation 全OpenCLデバイス情報をリストする

OpenCLFunctionLoad OpenCLを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

OpenCLMemoryLoad ▪ OpenCLMemoryAllocate ▪ SymbolicOpenCLFunction ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »