グラフプログラミング

グラフは,完全に拡張可能な頂点と辺の特性により,トポロジーで具体化された構造情報以上のことを表すことができるようになる.例えば頂点は動的系モデルを含むことができ,辺は信号を含むことができるので,グラフでブロック図モデルを表すことができる.頂点と辺の特性は多くのグラフアルゴリズムで使われるように深さ優先,または幅優先で走査したときに状態を保管することができる.Mathematica はグラフフレームワーク全体をさまざまに拡張することができる豊富な行列,最適化,ブールベースフレームワーク一式を備えており,グラフプログラミングにマルチパラダイムアプローチを提供する.

参照項目参照項目

頂点と辺の特性の操作

Property 頂点と辺の特性ラッパー

Properties 頂点と辺の特性を指定するグラフのオプション

PropertyList 利用可能な特性のリストを与える

PropertyValue 頂点と辺の特性値を取得し設定する

SetProperty ▪ RemoveProperty

走査ベースのアルゴリズム

BreadthFirstScan グラフを幅優先順で走査する

DepthFirstScan グラフを深さ優先順で走査する

 ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪  ▪

行列ベースのアルゴリズム »

AdjacencyMatrix 隣接疎行列表現に変換する

AdjacencyGraph 隣接行列からグラフを構築する

IncidenceMatrix ▪ IncidenceGraph ▪ KirchhoffMatrix ▪ KirchhoffGraph

Transpose ▪ Dot ▪ Eigenvalues ▪ Eigenvectors ▪ ...

最適化ベースのアルゴリズム »

Minimize 制約条件付き関数を最小化する

NMinimize ▪ FindMinimum ▪ LinearProgramming ▪ ...

ブール関数ベースのアルゴリズム »

SatisfiableQ ブール式・関数がTrueになりうるかどうかを検証する

TautologyQ ▪ Conjunction ▪ Disjunction ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »