グラフのスタイル付け,ラベル付け,配置

グラフは情報の素晴らしい可視化方法である.グラフ要素をハイライトすると,情報が際立つ.アルゴリズムによるグラフ配置を使うと,連結要素等,グラフ構造の多くは自明なものとなる.インタラクティブな効果をグラフ要素に加えると,さらに掘り下げた情報を提供することができる.Mathematica では注意深く設計された幅広いグラフスタイル,ハイライトスタイル,配置アルゴリズムが提供されている.Mathematica はスタイル付け,ラベル付け,グラフのための形状生成について,徹底的なサポートと,注意深く設計された辺・頂点の形状ライブラリを提供している.

参照項目参照項目

グラフ要素をハイライトする

HighlightGraph 頂点,辺,または部分グラフ全体をハイライトする

GraphHighlightStyle ハイライトに使用する総合的スタイル集

 ▪  ▪  ▪

総合的なルックアンドフィール

GraphStyle 種々のグラフ要素のための総合的なスタイル集

 ▪  ▪  ▪

グラフの全体的な配置

GraphLayout アルゴリズムによる種々のグラフ配置

VertexCoordinates 頂点座標の明示的なリスト

 ▪  ▪  ▪

頂点と辺のスタイル

Style 頂点と辺のスタイル付けのためのラッパー

VertexStyle すべての頂点,または個々の頂点にスタイル付けする

EdgeStyle すべての辺,または個々の辺にスタイル付けする

BaseStyle ▪ Red ▪ Dashed ▪

頂点と辺のラベル

Labeled 頂点と辺のラベル付けのためのラッパー

VertexLabels 個々の頂点,コントロールの場所,書式にラベル付けする

EdgeLabels 個々の辺,コントロールの場所,書式にラベル付けする

Placed ▪ Pane ▪ Style ▪

頂点と辺の形状

VertexSize 頂点の大きさを設定する

VertexShape 頂点の形状に任意の式を使う

VertexShapeFunction グラフィックスを頂点の形状として生成する

EdgeShapeFunction グラフィックスを辺の形状として生成する

 ▪  ▪  ▪

 ▪  ▪  ▪

インタラクティブな効果

Tooltip 頂点と辺にツールチップを加えるラッパー

Button 頂点と辺をアクションボタンにするラッパー

Hyperlink ▪ PopupWindow ▪ EventHandler ▪

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »