グラフィックスの注釈と外観

Mathematica のグラフィックス言語は,手動でもプログラムからでも,外観の詳細とグラフィックスのラベル付けの制御が簡単であり,自動的に完全な美しさを維持するように注意深く設計されている.

参照項目参照項目

Axes 軸を含むかどうか

Ticks ▪ AxesOrigin ▪ AxesLabel ▪ AxesStyle ▪ AxesEdge

FindDivisions 丁度よいメモリ位置を見付ける

Frame グラフィックスの周りに枠を描画するかどうか

FrameTicks ▪ FrameStyle ▪ FrameTicksStyle ▪ FrameMargins

FrameLabel ▪ RotateLabel

格子線

GridLines 格子線を描くかどうか

GridLinesStyle ▪ FaceGrids ▪ FaceGridsStyle

ラベル

PlotLabel ▪ LabelStyle ▪ Text ▪ Labeled

動的注釈

Tooltip 任意のオブジェクトにツールチップを加える

Mouseover ▪ StatusArea ▪ Annotation ▪ PopupWindow

一般スタイル

Style スタイル指定のための一般的なラッパー

Background ▪ BaseStyle ▪ Prolog ▪ Epilog ▪ FormatType ▪

テキストスタイル »

Red ▪ Large ▪ Bold ▪ Framed ▪ Background ▪ ...

グラフィックスの埋込み

AlignmentPoint ▪ BaselinePosition ▪ ImageSizeMultipliers

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »