グラフィックスのインタラクティビティと描画

Mathematica の統一された記号グラフィックスアーキテクチャにより,プログラムによるグラフィックス生成とインタラクティブな編集・制御を強力に組み合せることができる.Mathematica描画ツールパレットを使うと,既存のプロットや図の編集,あるい自由形状を最初から作成するのが簡単になる.

参照項目参照項目

直接インタラクティブ描画・編集

Ctrl+1 新しい空のグラフィックスを作成する

Ctrl+D 描画ツールパレットを表示する

複数回クリック グループやインセットの一部分を選択する

Shift+ドラッグ 縦横比を変更してサイズを変える

プログラムによるインタラクティブグラフィックス »

Manipulate インタラクティブグラフィックスの完全なフレームワークを作成する

Locator インタラクティブに動かせるコントロール点

LocatorPane ▪ ClickPane ▪ EventHandler ▪ ...

インタラクティブな3D制御 »

ドラッグ 3Dグラフィックスを回転する

Shift+ドラッグ ズーム

インポートされたグラフィックス

セル ► 形式変換 ► StandardForm(標準形) コピーしたグラフィックスを評価可能にする

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »