グリッドと表

Mathematica には,簡単な表から最も複雑な情報表示やユーザインターフェースまで,1Dおよび2Dレイアウトを作成するための非常に柔軟で簡潔な言語が組み込まれている.Mathematica は自動外観選択と詳細制御の両方を提供する.Mathematica の記号アーキテクチャにより,静的,動的の両方のレイアウトのすべてに関するプログラムによる直接的な指定が可能である.

参照項目参照項目

Grid 任意の要素の2Dグリッド

Row 任意の要素の行

Column 指定されたように配置された任意の要素の列

サイズ変更可能なグリッドと表

GraphicsGrid ▪ GraphicsRow ▪ GraphicsColumn

スタイルオプション

Frame グリッド全体,または行あるいは列を枠で囲む

Background 行,列,あるいは項目の背景色

ItemSize サイズ変更やワードラップする前に各項目に許容される大きさ

Alignment 項目の配置

Dividers 区切り線

Spacings ▪ FrameStyle ▪ ItemStyle ▪ BaselinePosition

スパン要素

SpanFromLeft ▪ SpanFromAbove ▪ SpanFromBoth

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »