データの配列の操作

Mathematica は任意の次元・構造の大規模な数値,記号,テキスト等のデータを日常的に扱う.配列はMathematica のコアとなる強力な記号言語に完全に統合され,効率的で洗練された非常に高レベルの配列操作が可能となる.

参照項目参照項目

構造配列分析 »

Length ▪ Dimensions ▪ Union ▪ Tally ▪ Position ▪ Count ▪ BinCounts ▪ ...

配列の部分 »

Select ▪ Cases ▪ DeleteCases ▪ ReplacePart ▪ ...

Part ([[..]]) — 要素,行,列,ブロック等を抽出・再設定する

Take ▪ Drop ▪ Append ▪ Join ▪ ...

配列の並べ替え »

Flatten ▪ Partition ▪ Transpose ▪ ArrayFlatten ▪ Sort ▪ ...

配列の操作 »

{}+{}等 — 対応する要素に自動的に作用する

Map ▪ Apply ▪ Join ▪ ...

配列の可視化 »

ListPlot ▪ ArrayPlot ▪ ListDensityPlot ▪ Grid ▪ ...

アルゴリズムによる配列操作 »

MovingAverage ▪ ListConvolve ▪ Nearest ▪ FindClusters ▪ ...

配列の作成 »

Import ▪ Table ▪ Array ▪ SparseArray ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »