画像の表現

Mathematica の記号アーキテクチャにより,プログラムとドキュメントの中の画像をユニークに表示し,扱うことができる.Mathematica は明示的に指定された,あるいは自動的に選ばれたあらゆる内部データ型の,任意の数のチャンネルと任意の色深度を持つ画像をサポートする.

参照項目参照項目

ImageImage3D 一般的なマルチチャンネル画像を表す,または配列から作成する

ImageQ 式が画像であるかどうかを判定する

画像のプロパティ

ImageMeasurements 画像の指定のプロパティを返す

ImageType 画像中のデータの型()

ImageData 画像のラスタデータの配列

ImageColorSpace ▪ ImageChannels ▪ ImageDimensions ▪ ImageAspectRatio

ImageValuePixelValue 指定の位置の画素の値

ImageValuePositionsPixelValuePositions 指定の画素値の位置

Image3DSlices 3D画像に対して2D画像のスライスを与える

画像のオプション

Options 画像のオプションを調べる

ColorSpace チャンネル値を解釈する色空間(等)

Interleaving チャンネルをデータ配列にインターリーブするかどうか

MetaInformation 画像と共にインポート・エキスポートされた任意のメタデータ

ImageSize ▪ Magnification ▪ ImageResolution

色とレベル »

ImageHistogram チャンネルごとのレベルのヒストグラム

FindThreshold 強度レベルを分割する大域閾値

DominantColors ドミナントカラーのリストを求める

ImageCooccurrence 画像の画素強度の同時生起行列

BinaryImageQ ▪ Binarize ▪ ImageLevels ▪ ...

ColorConvert 色空間の変換

AlphaChannel ▪ ColorSeparate ▪ ColorCombine

画像の分解

KarhunenLoeveDecomposition

インポートとエキスポート

ImportExport 標準の全形式でインポート,エキスポートする

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »