ノートブックにおけるインポートとエキスポート

Mathematica ノートブックの記号アーキテクチャを利用すると,さまざまなドキュメント,Web,グラフィックス等の形式との即座の相互運用性が可能となる.Mathematica は自動的にコピー/ペーストおよび開く/保存の変換を行い,何百種類ものインポート・エキスポート形式がプログラムからの完全なアクセスを提供する.

参照項目参照項目

形式を選択してコピー ノートブックからスタイル付きテキスト形式,プレーンテキスト形式(Shift+Ctrl+C)等でコピーする

ペースト 自動変換を行いながら自動的に多くの外部形式をペーストする

印刷 プリンタまたはPDFファイルに出力する

選択範囲の印刷 (Ctrl+Shift+P) — ノートブック内の選択範囲を出力する

送る ノートブックを電子メールで送る

開く さまざまな種類のファイルをノートブックとして開く

別名で保存 (Ctrl+Shift+S) — ノートブック全体をHTML,PDF,あるいはその他の多くの形式で保存する

選択範囲の形式保存 個々のグラフィックスやその他の選択範囲を多くの標準形式で保存する

ImportExport 個々の式をプログラムでインポート,エキスポートする

"PDF" ▪ "HTML" ▪ "XHTMLMathML" ▪ "XML" ▪ "RTF" ▪ "TeX"

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »