不等式

Mathematica は多くの独自のアルゴリズムを使って,不等式と不等式による制約のシステム規模での自動サポートを提供する.等式は多くの場合数について解くことができるのに対し,不等式はMathematica の記号機能によってのみ解を表すことができる.

参照項目参照項目

Less(<) ▪ Greater(>) ▪ LessEqual(<=) ▪ GreaterEqual(>=) ▪ Equal(==) ▪ Unequal(!=) ▪ ...

Boole 不等式から0,1値に変換する

Piecewise 一般区分関数

FindInstance 不等式の特定の解を求める

Reduce 不等式系を明示的にネストした形式に簡約する

IntegrateNIntegrate 不等式で定義された領域で積分する

RegionPlotRegionPlot3D 不等式で定義された領域をプロットする

FindMinimumNMinimizeMinimize... 領域における最適化 »

RegionFunction 2Dまたは3Dプロットの領域を制限するオプション

PolyhedronData 名前付き多面体に対応する不等式を求める

LogicalExpand 複合不等式を展開する

PiecewiseExpand 区分関数を展開する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »