挿入メニューに関するトークン

Mathematica では,適切なフロントエンドトークンを送ることによって,任意のフロントエンドコマンドがプログラムを介してカーネル内から実行できる.トークンは全標準メニューコマンドと,デフォルトのフロントエンドメニュー設定では直接アクセスできないメニューコマンドについて存在する.

参照項目参照項目

FrontEndTokenExecute フロントエンドトークンで指定されたメニューのようなコマンドを実行する

"DuplicatePreviousInput" 直前の入力をコピーする

"DuplicatePreviousOutput" 直前の出力をコピーする

"SimilarCellBelow" 同じスタイルのセルを作成する

"ColorSelectorDialog" システムの「色の設定」を開く

"MoveExpressionEnd" 現在の部分式の最後部に移動する

"Superscript" 選択範囲から上付き文字を作成する

"Subscript" 選択範囲から下付き文字を作成する

"Above" 選択範囲から真上付き文字を作成する

"Below" 選択範囲から真下付き文字を作成する

"Otherscript" 正反対位置に移動する

"InsertMatchingBrackets" ペアの角カッコを挿入する

"InsertMatchingBraces" ペアの中カッコを挿入する

"InsertMatchingParentheses" ペアの丸カッコを挿入する

"Fraction" 選択範囲から分数を作成する

"Radical" 選択範囲から平方根を作成する

"CreateInlineCell" 新しいインラインセルを開始する

"MoveNextCell" 次のセルに移動する

"NudgeLeft" 選択式を1ポイント左に移動する

"NudgeRight" 選択式を1ポイント右に移動する

"NudgeDown" 選択式を1ポイント下に移動する

"NudgeUp" 選択式を1ポイント上に移動する

"RemoveAdjustments" 選択式を通常の位置に戻す

"CreateGridBoxDialog" 表・行列の作成ダイアログボックスを開く

"NewRow" グリッドに1行追加する

"NewColumn" グリッドに1列追加する

"MakeSelectionSpan" 選択範囲でグリッドを拡張する

"MakeSelectionNotSpan" 選択範囲でグリッドを拡張させない

"FileNameDialog" ダイアログを開いてファイルパスを挿入する

"ImportPictures" 画像の挿入ダイアログを開く

"InsertNewGraphic" ノートブックに空のグラフィックスを挿入する

"Import" ファイルの挿入ダイアログを開く

"InsertObject" オブジェクトの挿入ダイアログを開く

"CreateHyperlinkDialog" ハイパーリンクの作成ダイアログを開く

"CreateCounterBoxDialog" カウンタを作成するためのダイアログを開く

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »