インストール可能な MathLink プログラム

Mathematica システムには,外部のCやその他のプログラムを呼び出すための便利な方法がある.各C関数に対応するMathematica 関数を指定する.tmテンプレートファイルで,mprepmccを使ってMathLink インストール可能バイナリを構築すると,整数,実数,配列,文字列等,Cのようなデータ型だけでなく,任意のMathematica 式もやり取りできる.

参照項目参照項目

Install Mathematica セッションから呼び出すためにMathLink インストール可能実行ファイルをロードする

Uninstall MathLink 実行ファイルを閉じ,Mathematica 関数を削除する

LinkPatterns 実行中のMathLink プログラムで利用可能な関数を見付ける

., tm CとMathematica 関数の接続のためのテンプレートファイル

mprep コンパイルされたCプログラムを生成するために.tmファイルを前処理する(Windows用)

mcc MathLink プログラムを構築するためのコマンドラインスクリプトを完了する(Unix,Mac OS X用)

C言語関数 »

MLMain() MathLink がインストール可能なCプログラム用のmain()の特別なバージョン

MLEvaluate()MLEvaluateString() CをMathematica にコールバックする

MLPutFunction()MLGetFunction()... 任意の構造をやり取りする

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »