レイアウトと表

Mathematica は統一された記号アーキテクチャにより,インタラクティブな,またはプログラムを使ったレイアウト作成機能と,任意の式—テキストと式だけでなく,グラフィックスと動的要素も—を含むことのできる機能を提供する.

代表的な例代表的な例 |

参照項目参照項目

Ctrl+,Ctrl+Enter リストとして評価しながらインタラクティブに2次元レイアウトを入力する

挿入 ► 表・行列 ノートブックに表または行列のテンプレートを挿入する

グリッドと表 »

GridColumnRow 任意のオブジェクトを含む1次元および2次元のレイアウト

GraphicsGridGraphicsColumnGraphicsRow 大きさが変更可能な1次元および2次元のレイアウト

Frame ▪ Background ▪ Alignment ▪ Dividers ▪ Spacings ▪ SpanFromLeft ▪ ...

テキスト要素 »

"string" 任意の文字を含む文字列

Row 要素の行で,複数行に渡ることもある

Text テキストフォント等でテキストとして描画する

注釈 »

Framed ▪ Labeled ▪ Tooltip ▪ Mouseover ▪ PopupWindow ▪ ...

Panel 任意の式をパネルに表示する

TextCellExpressionCell 完全なインラインセル

Placeholder タイプする場所にラベルを付ける

動的レイアウト »

TabView ▪ SlideView ▪ MenuView ▪ OpenerView ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »