リスト操作

Mathematica において,リストは中心的な構造であり,あらゆる種類の集合,配列,列を表す.リストは任意の構造および大きさで構成することができ,日常的に何百万もの要素さえ扱うことができる.千をはるかに超えるMathematica の組込み関数が直接リストに作用することができるので,リストは相互運用性の強力な手段である.

参照項目参照項目

リストの構築 »

{a,b,...} (List) — リストを明示的に指定する

Table 式の値の表を作成する

Array 関数から任意の次元の配列を作成する

Range ▪ SparseArray ▪ Tuples ▪ NestList ▪ Sow ▪ Reap ▪ ...

リストの要素 »

list[[...]] (Part) — で再設定可能な部分または部分の列()

First ▪ Last ▪ Take ▪ Drop ▪ Extract ▪ Append ▪ ReplacePart ▪ ...

Select 関数に従って選択する

Cases パターンに合致する事例を与える

Length ▪ Position ▪ MemberQ ▪ DeleteDuplicates ▪ ...

リストの並べ替えと再構築 »

Flatten ネストしたリストを平坦化する

Join ▪ Partition ▪ Transpose ▪ Reverse ▪ Sort ▪ Split ▪ Gather ▪ Riffle ▪ ...

関数のリストへの適用 »

Map (/@) — リストに関数をマップする:

Apply (@@@@@) — リストに関数を適用する:

MapIndexed ▪ Scan ▪ Thread ▪ MapThread ▪ Outer ▪ FoldList ▪ ...

数学およびカウント操作 »

{..}+{..}等 — 自動的にリストの要素に並列に作用する

Total ▪ Differences ▪ Tally ▪ Count ▪ BinCounts ▪ ...

リストの表示と可視化 »

Column ▪ Row ▪ Grid ▪ ListPlot ▪ ArrayPlot ▪ ...

リストのインポートとエキスポート »

Import ▪ Export ▪ "Table" ▪ "Text" ▪ "CSV" ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »