論理演算とブール代数

論理式はMathematica では記号形式で表現されるので,評価することも記号的に操作して変換することもできる.Mathematica は最新の量限定子除去,充足可能性,方程式の論理定理照明を統合し, ブール代数に基づいた解析において強力なフレームワークを提供する.

参照項目参照項目

論理演算子

And(&&, ) ▪ Or(||, ) ▪ Not(!, ¬) ▪ Nand() ▪ Nor() ▪ Xor() ▪ Implies() ▪ Equivalent() ▪ Equal(==) ▪ Unequal(!=) ▪ ...

TrueFalse 記号的真理値

Boole 記号的真理値を0と1の値に変換する

ブール計算 »

BooleanFunction 一般的なブール関数

BooleanConvert ▪ BooleanMinimize ▪ SatisfiableQ ▪ ...

数学的論理

FullSimplify 論理式を簡約し,定理を証明する

ForAll (),Exists () — 限定子

Resolve ▪ Reduce ▪ FindInstance

ブールベクトル演算

NearestFindClusters ブールベクトルに作用する

HammingDistance ▪ MatchingDissimilarity ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »