ループ構文

ループはプログラミングの中核となる概念である.Mathematica にはループを指定して制御する強力なプリミティブがあり,従来の手続き型関数だけでなく,他のより近代的な合理化されたプログラミングパラダイムでも使える.

参照項目参照項目

Do 変数についてループしながら式を評価する:Do[expr, {i, n}]

While 判定基準が真である間式を評価する:While[crit, expr]

For 「Forループ」:For[init, test, incr, body]

Table 変数についてループしながら表を構築する:Table[expr, {i, n}]

関数反復構文 »

Nest ▪ NestWhile ▪ FixedPoint ▪ Fold ▪ ...

リストと式についての反復 »

Scan ▪ Map(/@) ▪ MapIndexed ▪ ReplaceRepeated(//.) ▪ ...

ループの終了

Throw ループを終了し,最も近くで囲んでいるCatchに行く

Break ▪ Continue ▪ Return ▪ Interrupt ▪ Abort

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »