低レベルインターフェース制御

Mathematica のインターフェースの構築におけるユニークなパワーの中核は,非常に柔軟な高レベル記号パラダイムにある.しかしMathematica では,従来のユーザインターフェースプログラマーがより馴染み深い,より低いレベルでインターフェースを構築することもできる.

参照項目参照項目

EventHandler 多くの低レベルインターフェースイベントを明示的に扱う

CellEventActions ▪ NotebookEventActions ▪ FrontEndEventActions

MousePosition 多くの座標系で現在のマウス位置を求める

MouseAppearance マウスカーソルの外観を変更する

ControllerState 外部コントローラデバイスの任意のコントロールの現在の状態を求める

CurrentValue 何百ものユーザインターフェースプロパティをテストして設定する

AbsoluteCurrentValue ▪ Clock ▪ ControlActive ▪ $ControlActiveSetting

Dynamic 動的な内容を定義する

DynamicModule 動的なインターフェース変数をスコープする

CreateDocument ▪ CellPrint ▪ NotebookWrite ▪ EmitSound

FrontEndExecute 組込みMathematica インターフェースコマンドをプログラムから実行する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »