低レベルノートブックプログラミング

Mathematica の統一された記号アーキテクチャでは,すべてのMathematica ノートブックは記号式として表され,Mathematica の記号言語を使ってプログラムから操作したり制御したりできる.Mathematica の低レベルノートブックプログラミング関数を使うと,ますますノートブック式に直接アクセスできるようになり,任意のノートブックの「選択範囲」に任意の操作を連続的に行うことができる.

参照項目参照項目

ノートブックの操作

Notebooks 開いているノートブックのリスト(NotebookObjectオブジェクト)

SelectedNotebook ▪ EvaluationNotebook ▪ InputNotebook ▪ ButtonNotebook

NotebookLocate ノートブック,Webノートブック,ノートブック内のタグを見付ける

NotebookFileName ▪ NotebookDirectory

セルの操作

Cells 指定のノートブックのセルのリスト(CellObjectオブジェクト)

SelectedCells ▪ EvaluationCell

完全なノートブックでの操作

OptionsSetOptionsCurrentValue 任意のノートブックオブジェクトの任意のオプションを取得・設定する

NotebookInformation 開いているノートブックについての情報

SetSelectedNotebook ▪ NotebookClose ▪ NotebookSave ▪ NotebookPrint

記号ノートブック構造 »

NotebookGet 表示されたノートブックの記号表現を取得する

NotebookPut 記号式に相当するノートブックを表示する

Notebook ▪ Cell ▪ RowBox ▪ ButtonBox ▪ GridBox ▪ ...

ノートブックの内容の変更

NotebookFind ノートブック内で構造を探す

SelectionMove ノートブック内の選択範囲を移動する

NotebookRead 現在の選択範囲を記号式として読む

NotebookWriteNotebookApply 現在の選択範囲の内容を書く,適用する

NotebookDelete 現在の選択範囲を削除する

ShowSelection ▪ Visible ▪ AutoScroll

NotebookSelection ノートブック内の選択範囲へのハンドル

SelectionEvaluate ▪ SelectionCreateCell ▪ SelectionAnimate

グローバルフロントエンドオプション »

FrontEndTokenExecute メニューのようなフロントエンドコマンドを実行する

$FrontEnd ▪ $FrontEndSession ▪ FrontEndEventActions ▪ ...

FrontEndExecute フロントエンドによって実行される式を送る

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »