低レベルノートブック構造

ノートブックは,Mathematica の他のすべてと同様に,究極的には記号式である.ノートブックを編集すると—あるいは高レベルプログラム関数を適用すると—Mathematica は自動的にこれらの式を更新する.しかし,最も低いレベルを見ると—例えばノートブックファイルをテキストとして開くと—基底となる式を見ることができる.ここでは,フォーマット構造は低レベル記号「ボックス」の階層構造として表される.

参照項目参照項目

Ctrl+Shift+E フォーマットされた表示と内在する記号式とを切り換える

Notebook ノートブックの低レベル記号表現

Cell ノートブックのセルの低レベル記号表現

RowBox 任意の要素の行の低レベル記号表現

GridBox 任意の2次元構造の低レベル記号表現

SuperscriptBox ▪ SubscriptBox ▪ SubsuperscriptBox

OverscriptBox ▪ UnderscriptBox ▪ UnderoverscriptBox

FractionBox ▪ SqrtBox ▪ RadicalBox

StyleBox 適用するスタイルとスタイルオプションを指定する低レベルラッパー

FrameBox ▪ AdjustmentBox

FormBox ▪ InterpretationBox ▪ TagBox ▪ ErrorBox

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »